夜中や朝起きるときに足がよく攣る

城東区のいけじり鍼灸整骨院

06-6963-6112

〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜3-2-23

受付時間 8:30〜13:00/16:00〜20:00

ブログ

夜中や朝起きるときに足がよく攣る

ブログ

2018/12/05 夜中や朝起きるときに足がよく攣る

夜中や朝起きるときに足がよく攣る方

 

寒くなってきて、こむら返りや太もも足の指や足底がつる方が増えてきています。

 

筋肉がつる原因はたくさんありますが、治療をしていて多い原因を紹介致します。

 

①寒さの影響で筋肉が冷え、血行が悪くなり、筋肉がつってしまう。

②腰や骨盤周囲の筋肉の状態が悪くて足がつる

③水分不足により足がつる

 

他にもたくさん原因がありますがこの3つが当院では多いです。

 

①はよく足が冷えているからと足首を動かしたり温めたりして対策をしていると思いますが、それでも攣ってしまう方は②が原因になっていることあるので、腰痛がある方、腰を曲げたり、反ったり、ねじったりして腰や背中が突っ張る方は腰やおしりの筋肉のストレッチを行ってください。

 

③は寒くなると、こまめに水分を取らなくなります。

寒さで水分をとると、トイレに行きたくなるから、とらない方も多いです。

 

水分は取っているが摂取しているものが寒いからホットコーヒーやホット緑茶をたくさん飲んでいる方は、カフェインは利尿作用が強いので、尿として体の中の必要な水分まで余分に出してしまって、体の中が気づかない間に脱水状態になっていることもあるので、水や白湯なども飲んでください。

これから忘年会が増えてアルコールをよく飲まれる方も注意してくださいね。

 

痛みでお困りの方は大阪市城東区いけじり鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

いけじり鍼灸整骨院
大阪府大阪市城東区東中浜3-2-23
06-6963-6112

TOP