腸腰筋が弱くなると様々な症状が起こります

城東区のいけじり鍼灸整骨院

06-6963-6112

〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜3-2-23

受付時間 8:30〜13:00/16:00〜20:00

ブログ

腸腰筋が弱くなると様々な症状が起こります

ブログ

2019/06/28 腸腰筋が弱くなると様々な症状が起こります

治療の中で当院が一番重要視している腸腰筋について、日曜朝7時から放送されている「健康カプセル!元気の時間!」で紹介されていました。

 

体を支えるために大切な腸腰筋が硬くなったり筋力低下が起こると、腰の筋肉、太ももの筋肉、肩の筋肉などに影響し、あらゆるところに痛みや不調が起こってきます。

 

テレビでも言っていましたが靴下が立った状態で履けない方やバランスを崩してしまう方は要注意ですよ。

 

肩こり、腰痛がひどい方や、治療をしていても改善しない方は、チェックしてみてください。

 

うまく履けない方は、腸腰筋が弱くなっているので、足を前後に大きく広げて腸腰筋ストレッチをして下さい。

 

あと座っている姿勢が骨盤を後ろに倒して座っていると、腸腰筋を使っていないので筋力は弱ってきます。

 

パソコン、スマホを触ったりしているときの骨盤の位置に気をつけてください。

 

腸腰筋が使えるようになると胸郭も広がりやすくなり呼吸もしやすくなります。

 

肩こりや頭痛がひどい方は呼吸も浅くなっているので、ぜひ腸腰筋ストレッチをしっかり行ってください。

 

痛みや体の不調でお困りの方は大阪市城東区いけじり鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

 

 

いけじり鍼灸整骨院
大阪府大阪市城東区東中浜3-2-23
06-6963-6112

TOP